飽きのこない長く愛せる
暮らしを

枚方市 K様邸

設計デザイン
TAKAHASHI ARCHITECT
施工
高橋開発株式会社
INTERVIEW

お客様インタビュー

VOICE01

毎日の明るい暮らしを考えて


「インスタを見ながらどんな空間にしようかずっと計画してました。」と奥様

高橋開発の展示場を見学されながら、ご主人はブルックリンスタイルがお気に入りだったようですが、 毎日の明るい暮らしを考えて、最終的に飽きのこない長く愛せるデザインテイストに落ち着きました。 特定のジャンルに偏らないシンプルでいて暖かい家は、子どもの成長や巣立ち、好みの変化にも対応できるのが魅力ですね。 首都圏からの転居に伴う家づくりだったそうで、こまめに大阪までお打ち合わせに来られる回数も限られたようですが、 プランナーの北森さんや施工管理の山下さんがこまめに連絡をくださったので楽しく待ち遠しい家づくりだったそうです。
VOICE02

2,700mmの天井高がもたらす抜け感


19畳もあるリビングダイニングは、座位の低いダイニングテーブルと2,700mmの天井高がもたらす視線の抜け感やウッドデッキもリビングからのつながりを感じさせてくれるので、実際よりもさらに空間をより広く感じさせてくれました。 照明・ソファ・雑貨や小物類などそれぞれが際立ちながらも空間と調和された見事なコーディネート。
VOICE03

キッチン横のステップ和室


キッチン横の小上がり和室では子どもたちのプレイルーム兼スタディスペースとして活躍中。
料理をしながらでも子どもに目を配らせることができるようです。 高さがある和室は空間に緩やかな境界を設けてくれるので、この和室から子どもたちが おもちゃを持ってきてリビングを散らかさないように一役買っています。 さらにこの和室にもW.I.Cと呼んでいいほどの収納スペースがあり、おもちゃをしまったり 来客布団をしまったりと、整理整頓が行き届いているK様邸ならではのこだわりを感じることができました。
VOICE04

随所に自分らしさを散りばめて


「まだまだこれからも手を入れていきますよ」と奥様。元気いっぱいな子どもたちの成長に合わせて、
表情を変えていく楽しみなK様邸でした。
OTHER INTERVIEW

お客様インタビュー

すべての家事を1階でやりきりたかったんです。

枚方市 S様邸

玄関から視界が抜ける開放感ある家づくり

枚方市 T様邸

飽きのこない長く愛せる
暮らしを

枚方市 K様邸

趣味をとことん、
詰め込みたかったんです。

枚方市 K様邸

明るくて居心地の良い
お家にしたかったんです。

枚方市 O様邸